本文へスキップ

横浜市内を中心にご案内する、NPO法人 神奈川区いまむかしガイドの会です。

神奈川宿の浮世絵です。

 ようこそ、NPO法人 神奈川区いまむかしガイドの会のホームページへ。

  平成30年「春の企画ガイド」のご案内をします。
今回は2つの新コースを用意しております。 ”梅”からスタートし、”雛祭り”、”桜”、”源平五色の椿”、”新緑”、”桃”と「横浜の歴史」に加え、四季の移ろいを楽しんで頂けるよう工夫をしました。
 会員一同、準備を整え、皆様のご参加をお待ちしております。

 
当会では皆様のご意見をお待ちしております。
              ご意見はこちらから


 「NPO法人 神奈川区いまむかしガイドの会」は、神奈川区を中心にその周辺の市・区の史跡、旧跡などをご案内するボランティアガイドの会です。 ガイドには私たちが企画して2〜6月、9〜12月に行う「企画ガイド」と、個人やグループで参加される皆さまに、ご希望のコースをご案内する「依頼ガイド」があります。 ※ 依頼ガイドは随時受け付けております。 詳しくは「依頼ガイド」のページをご覧ください。
 魅力あふれる神奈川、横浜の歴史散歩をより一層楽しむため、ぜひご利用ください。

ご注意! : 参加お申込みの際、「コース名」は漢字・ひら仮名でご記入
      ください。

新着情報

  • ”春期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(9)

   『綱島今昔』コース(新コース) 6月9日(土)

 かつて東の桃の産地として知られ、また東京・横浜の奥座敷としてにぎわった綱島温泉の今をご覧下さい。 綱島の発展に寄与した旧家訪問と緑に囲まれた市民の森散策もお楽しみください。
 
                       写真は【東京横浜電鉄沿線案内】、【飯田家】と【綱島市民の森】

      お申込み(kikaku5@imamukashi.kilo.jp)

  • ”春期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(8)

   『長浜・富岡』コース 5月26日(土)

 野口英世ゆかりの長浜検疫所を見学し、明治の元勲達が保養地とした富岡の面影を訪ねながら、神社名刹を巡ります。あわせて、金沢地先の埋め立て前の旧海岸線を体感していただきたいと思います。
 横浜市指定名勝第1号「旧川合玉堂別邸庭園」からの絶景もお楽しみに。

                 写真は【旧細菌検査室】、【豊島明重母の地蔵(長昌寺】と【富岡八幡宮遠景】

      お申込み(kikaku4@imamukashi.kilo.jp)

  • ”春期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(7)

   『妙蓮寺・篠原』コース 5月12日(土)
         終了しました。
 さつき晴れの新緑の季節、三つの池をめぐり神奈川宿の助郷村であった谷戸・里山が今、公園や住宅地などに変貌した姿を訪ねます。 一緒に歩いてみませんか。

                                      写真は【菊名池】と【篠原池】

  • ”春期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(6)

   『花木園』コース 4月21日(土)
         終了しました。
 鶴見地区の後背地、寺尾・馬場地区を訪ねます。 室町時代にこの地区を治めていた寺尾城址跡を取り巻く様に配置されている、2つの禅宗寺院古刹(松蔭寺、建功寺)と源平5色の椿で有名な宝蔵院を巡ります。 周辺は豊富な自然がが残っていますがなかでも馬場花木園は和風の回遊式庭園で四季の花が楽しめます。 戦国時代の物語に触れながら春の半日を新緑の中散策してみませんか。

                        写真は【宝蔵院】、【馬場花木園】と【工事中の建功寺本堂】

  • ”春期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(5)

   『和田・上星川』コース(新コース) 4月7日(土)
         終了しました。
 ”歴史と眺望、豊かな自然”を訪ねる、変化に富んだコースをご一緒しませんか。 中世の武将・和田義盛伝説の残る寺社を巡り、満開の桜と360度の眺望が楽しめる水道記念館では横浜近代水道の歴史に触れます。 横浜で唯一の渓谷・陣ケ下渓谷では春の息吹を身体いっぱいに浴びましょう。

                        写真は【和田稲荷】、【横浜水道記念館】と【陣ケ下渓谷】

  • ”春期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(4)

   『神奈川宿』コース 3月31日(土)
         終了しました。
 県内最大の宿場町であった神奈川宿。 往時の繁栄を語る数々の名所旧跡に加え、今回は鉄道開発の跡を尋ねます。 官営鉄道や私鉄の路線や駅の推移に、明治以降も日本の東西を繋ぐ大動脈の役割を果たした神奈川の姿が想像できます。 交通インフラの要、青木橋を見下ろす幸ヶ谷公園は桜満開の頃です。

                  写真は【本覚寺】、【改正道中記神奈川】、【洲崎神社】と【笠のぎ稲荷】

  • ”春期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(3)

   『保土ヶ谷宿』コース 3月17日(土)
         終了しました。
 ”保土ヶ谷の宿場を歩きませんか!”
 保土ヶ谷宿は、慶長6年に宿駅の制度が定められ宿場として成り立ちました。 開宿時の東海道の道筋がその後に変更となり、いくつかの街道が交差する交通の要衝として大変栄えました。 宿場の施設とその役割をお伝えします。

                  写真は【保土ヶ谷宿の地図】、【橘樹神社庚申塔】と【保土ヶ谷宿の留め女】

  • ”春期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(2)

   『師岡熊野神社』コース 3月3日(土)
         終了しました。
 「師岡」は奈良県にある石神遺跡から発見された7世紀後半の木簡に記されていて、横浜市にかかわる地名として最古のものです。 その中心の寺社を訪ね、鎮守の森から市民の森へと早春の里山を散策します。 「横溝屋敷」で江戸時代のお雛様と琴の演奏を楽しんでください。         


                 写真は【法華寺】、【師岡熊野神社】、【横溝屋敷雛人形】と【横溝屋敷穀蔵】

  • ”春期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(1)

   『(ゆ)三溪園』コース 2月21日(水)
         終了しました。
 本牧山頂公園からは、磯子の海や三浦半島が見渡せます。 「お馬流し」で有名な本牧神社にお参りした後は10棟の重要文化財の建物と600本もの梅がある三溪園を歩きます。
 開花の便りも聞かれる今日この頃、さあ皆さんご一緒に、ひと足早く春を探しに出かけましょう。

                         写真は【本牧神社】、【三溪園三重塔】と【三溪園臨春閣】
  <参加費用> 
通常の参加料に加え、三溪園の入園料が必要です。
         ”濱ともカード”持参の方 700円、その他の方 1,100円