本文へスキップ

横浜市内を中心にご案内する、NPO法人 神奈川区いまむかしガイドの会です。

神奈川宿の浮世絵です。

 ようこそ、NPO法人 神奈川区いまむかしガイドの会のホームページへ。

  秋の企画ガイドが9月3日(土)より始まります。 春の東海道の宿場シリーズに続き、【脇往還シリーズ】(3コース)として中原街道・矢倉沢往還・日野往還を採りあげます。 それぞれ「お酢街道」・「大山道」・「八王子道」とも云われ重要な物流・信仰の道でした。 またさわやかな秋の散策コースとして【里山シリーズ】(2コース)、新コースとして「市ケ尾の古墳群」を企画しました。 「生麦事件」はキリン生麦工場が工事中のため工場見学はありません。 横浜能楽堂見学のある「保土ヶ谷道」コースは好評のため再度実施します。
 皆様のご参加を会員一同心よりお待ち申し上げます。
 なお、お申込みは原則、開催日の4日前までにお願い致します。

<横浜ボランティアガイド協議会連携ガイドのお知らせ>
  11月~3月(2017年)にかけ、『横浜のさまざまな公園を訪ね
 る』というテーマで開催しますので、皆様のご参加をお待ちしており
 ます。

   
当会の担当(12月17日(土)) : 「都筑の地に紅葉を訪ねて せせらぎの道と公園を巡る

 
実施当日(当日の朝のみ)、緊急連絡用として、携帯電話(070-2644-7445)を用意しました。

 
当会では皆様のご意見をお待ちしております。
              ご意見はこちらから

 「NPO法人 神奈川区いまむかしガイドの会」は、神奈川区を中心にその周辺の市・区の史跡、旧跡などをご案内するボランティアガイドの会です。 ガイドには私たちが企画して2〜6月、9〜12月に行う「企画ガイド」と、個人やグループで参加される皆さまに、ご希望のコースをご案内する「依頼ガイド」があります。 ※ 依頼ガイドは随時受け付けております。詳しくは「依頼ガイド」のページをご覧ください。
 魅力あふれる神奈川、横浜の歴史散歩をより一層楽しむため、ぜひご利用ください。

新着情報

  • ”秋期企画ガイドのご紹介”
         …コースリーダーのお薦め(9)…

   『高田・日吉コース』 12月10日(土)

   港北の地に千年の歴史をきざむ古刹、江
  戸からも信者が参詣した地蔵尊やかっての
  村の鎮守様をめぐります。
   「松の川緑道」では足に土を感じつつ、紅葉の季節最終楽章、自然の
  織りなす木々の色づきを楽しみませんか?


                          写真は【金蔵寺山門】

          お申込みはこちらから

  • ”秋期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(8)…

   『川和コース』 12月3日(土) 【脇往還シリーズ】
         終了しました。

 「ゆうばえのみち」から「佐江戸」、「川和」と「川和の宿」を巡ります。 川和は”中原街道”と”矢倉沢往還”を結ぶ”日野往還”沿いにある街で、かっては大店・郡役所・裁判所等のある都筑郡の中心でした。      「貝の坂旧道」、「佐江戸城跡」の遠望等、脇往還の面影が見られますよ!

      
写真は【貝の坂近くの旧家】と【川和の宿の旧家】、【川和町駅近くの旧家】

  • ”秋期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(7)…

   『市ケ尾の古墳群コース』(新コース) 11月19日(土)
           終了しました。

 鶴見川中流域を支配した首長が築いた横浜市内最古の「稲荷前古墳群」と、その後作られた県内では唯一の鎧が出土した「朝光寺原遺跡」を歩き古代ロマンを探ります。
 「市ケ尾横穴古墳群」も中に入れますので、懐中電灯があった方がいいかも!

            
   写真は【稲荷前古墳群】と【市ケ尾横穴墓】

  • ”秋期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(6)…

   『長津田宿コース』 11月5日(土) 【脇往還シリーズ】
           終了しました。

 江戸時代、大山詣りで賑わった「大山道」と「長津田宿」を歩きます。 大河ドラマ『真田丸』で存在感を発揮した”板部岡江雪斎”の菩提寺・大林寺を初め、長津田領主・岡野家所縁の古刹や古社を巡り、ご一緒に脇往還の面影を探してみませんか!

         
写真は【旧大山道】と【ポックリ寺で有名な福泉寺】、【大林寺山門】

  • ”秋期企画ガイドのご紹介”
     …コースリーダーのお薦め(5)…

   『中原街道コース』
   
       10月22日(土)
        
【脇往還シリーズ】
           終了しました。
  家康が鷹狩などに使った平塚の中原御殿に因んで名付けられた中原
 街道。 江戸時代は東海道の
脇往還として、物資の輸送に重要な役割を
 果たしました。
  そんな街道沿いにある県下最古の古民家・関邸や古刹を訪ね、往時を
 偲ぶ散策をお楽しみください。

                     写真は【山田神社参道】

  • ”秋期企画ガイドのご紹介”…コースリーダーのお薦め(4)…

   『新羽コース』 10月8日(土) 【里山シリーズ】
           終了しました。

 新羽の「新」は”新開地”、「ハ」は”山の端”を示します。 鶴見川の蛇行による氾濫を重ねた肥沃な土地は江戸時代より多くの米が獲れました。
 この台地に点在する寺社や石仏を訪ね、当時の人々の暮らしや風習に触れます。
 谷戸に残る「田んぼ」や地元の人達がつくる『花の里』の風景も楽しんで下さい。
            
写真は【西方寺】と【蓮華寺の石仏】          

  • ”秋期企画ガイドのご紹介”
      …コースリーダーのお薦め(3)…

   『菅田・羽沢コース』 9月24日(土)
           
【里山シリーズ】
       
  終了しました。

 スタート間もなく、小高い丘を登るとそこは
タイムスリップしたような里山風景。 路傍に
佇む石仏、巡る2つ目の富士塚は道も遠慮して
手厚く守られ、今にその姿を留めます。
 そして広大な農業専用地区。
 成熟した今の姿と垣間見える原風景を巡り
ます。
            
写真は【羽沢富士塚】

  • ”秋期企画ガイドのご紹介”
      …コースリーダーのお薦め(2)…

   『ゆっくり生麦事件コース』
              9月14日(水)
        終了しました。

 文久2年(1862)8月21日、薩摩に戻る
島津久光の行列が生麦村を通過した
時、川崎大師見物に向かう乗馬のイギリス人4人が行列を避けきれず列
に踏み込んでしまった。 激怒した供侍が抜刀し、リチャードソンを斬り
殺し、2人を傷つけた事件。
 薩摩は賠償金支払いと犯人逮捕に応ぜず薩英戦争に発展した。
  
                  
       写真は【生麦事件碑】

  • ”秋期企画ガイドのご紹介”
      …コースリーダーのお薦め(1)…

   『保土ヶ谷道コース』 9月3日(土)
     
   終了しました。
  開港時に横浜道が造られるまで、保土ヶ谷
 道が東海道から野毛に通じる唯一の道でし
 た。 今は商店街が軒を連ね、昔ながらの銭
 湯も残っています。
  外国奉行の宿舎となった願成寺、くらやみ坂など、往時を偲びながら
 歩きませんか。

                     写真は【さんもーる西横浜商店街】